【ムートピア2日目】異端流し オニカマス

ムートピアウィーク2日目は《異端流し オニカマス》についてのメモです。

《異端流し オニカマス》

クリーチャー/2コスト/パワー2000

水文明

ムートピア

■相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選べない。(ただし、このクリーチャーを攻撃またはブロックしてもよい)
■相手のターン中に、相手が召喚以外の方法でクリーチャーをバトルゾーンに出した時、そのクリーチャーを持ち主の手札に戻してもよい。

通常環境でも採用されている優秀なシステム・クリーチャーです。限定構築戦ではビートジョッキ―やジョーカーズが多いのではないかと考えていまして、踏み倒しメタの方の効果はあまり期待できませんが、アンタッチャブル効果を持っているだけでも優秀なので、詰めの1発に採用したいところです。マフィ・ギャングやグランセクトに対しては踏み倒しメタの効果が期待できるかもです。

注意点としては、オニカマスは進化クリーチャーではありませんので、《I am》をキャストした時に手札に戻ってしまいますので、あまりその部分がネックになるのであれば抜いてもいいカードかもしれません。

コメントを残す