【2018.04.21】欅坂46 DMGP6thシングル「ガラスを割れ!」発売記念全国握手会レポ

使用デッキ:青白ミラダンテⅫ
4 x コアクアンのおつかい
2 x 奇石 コントロ
2 x プロテクション・サークル
4 x レインボー・スパーク
2 x ミラクルストップ
3 x 音感の精霊龍 エメラルーダ
3 x 青寂の精霊龍 カーネル
2 x ドラゴンズ・サイン
2 x ヘブンズ・ゲート
3 x 龍装の悟り 天命/ヘブン・デ・エンドレーザ
2 x 提督の精霊龍 ボンソワール
3 x 時の秘術師 ミラクルスター
4 x 時の法皇 ミラダンテXⅡ
4 x 閃光の守護者ホーリー
1 x 龍魂城閣 レッドゥル/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 天獄の正義 ヘブンズ・ヘブン/天命讃華 ネバーラスト
1 x 革命槍 ジャンヌ・ミゼル/聖槍の精霊龍 ダルク・アン・シエル
1 x 真聖教会 エンドレス・へブン/真・天命王 ネバーエンド
1 x 龍魂教会 ホワイティ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 浮遊する賛美歌 ゾディアック/賛美の精霊龍 ハレルヤ・ゾディア
1 x 勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 時空の凶兵ブラック・ガンヴィート/凶刀の覚醒者ダークネス・ガンヴィート

◎経緯◎
今回DMGP6thに向けてデッキを作成するにあたり、自分に掲げた目標は「まずジョーカーズに対抗できる山を作ること」でした。
もちろん理想は「メタゲームに存在し得るデッキ全てに対して5割以上の勝率を出す山を構築する」なんですが、スタートとしてまずはここから。
まぁまずパッと考えたのは、今の環境はジョーカーズとアンチジョーカーズの2極で成立していることです。
①零t青ジョーカーズ(ガンバトラー型)
②零t赤青ジョーカーズ(ジョラゴンマンハッタン型)
③アナカラーシャコガイル
④黒単デスザーク
今まで触っていたロージアは完全に不利だったので元々ロージアは選択肢から外れていました。ということでジョーカーズに対して有利に立ち回れると聞いていた、アナカラーシャコガイルか黒単デスザークを握ろうと考えていました。
まぁ百聞は一見にしかずなので自分で山を組んで回してみると、デスザークは後手でジョーカーズに全然勝てないではありませんか。性格が全く異なる山のはずなのに、まるでミラー戦の如くジャンケンゲー(ニトロが着地するかしないかが勝敗の分かれ目)だという結論になったので、黒単卍デスザークの策はそっと消えました。
となると、残りはアナカラーシャコガイル。バトロコの大会とかに持ち込んで回してみたり、はいカードショップEX2ですの大会に出てみると結構勝てる勝てるしかもビマナだし回してて楽しい。
しかし本来ドロマーカラーが好きな自分にとってビマナを握るという選択肢はそれと同時にリスクもあるなと。この辺で中堅あたりの山に対しても、視点を向けてみることにしました。
⑤赤青t白バスター
⑥クローシス墓地ソース
⑦ドロマーハンデス
⑧ドロマーロージア
ここまで見れる山を作れたらもう満足やろなと思いながら考えていると、どうも見れる山の範囲が一番広いのはロージアやなと。そこから僕の目標は「ジョーカーズに勝てるロージアダンテの開発」になりました。同型は自信あるんで現状構築なるべくキープできればいいかなと。
まず色。ドロマーか青白なのですが、あくまでも環境の中心にいるのはアグロなので、より受けを強くできる青白を選択。この時点でおつかいレイスパミラストルーダミラスタダンテの採用は確定です。
受け札。呪文受けは論外なのでクリーチャーで受けるためにカーネルとホーリーを選択。ドラゴンズ・サインはジョーカーズ以外には強力なサポートカードになるのでそのまま4枚採用(後述する理由によりドラサイ2天門2に分割)。
除去札。以前は除去札が撃てなかったことが理由で青白を使うことを強く拒んでいましたが、エンドレーサの登場によってその点が改善されました。ということでエンドレーサ採用。
補助札。ルーダでホーリーを埋められればいいのだけれど、実際ジョーカーズが5tよりも前に走るシーンは普通にあるのでルーダに頼り切ることはできず、そこを補完するためにプロテクション・サークルを採用。実質キャントリップが付いているのも動きを柔軟にさせるため評価。
まぁまぁここまでは。ここまでは。って感じなんですが、そのようにしてホーリーを踏ませた後にこちらでどのような動きができるのかってところが一番の課題で、結構使われているジェイルハウス・ロックを試してみたんですけど、手札もマナも残っているからって
全部プレイしてくるようなチンパンプレイヤーに対しては確かに強力なカードではあります。しかし普通にやってみるとジェイルハウスで縛ったところで後続はいくらでも出てくるんですよね。ということでジェイルハウスは没になりました。
理想としてはホーリーを何度も使いまわせればいいと思い、最初は龍装者ヴァルハをホーリーに乗せながらチェンジすることで手札に戻せるなとか考えてたんですが、ボードに置かれているであろうセンノーをどかしながらホーリーを手札に戻してかつ山に仕込むなんて無理だろと。そういうこと考えながらカード検索をしていると奇石 コントロとかいう50円ぐらいのカードが目に留まり、これだ!と。トッキュー8で使ったわ使ったって思いながら投入してみると面白いぐらいにジョーカーズに取れる。スパーリング用としてお願いしていたフルパワージョーカーズには後手でも勝ち越せるぐらいの結果を出したのでこれで行こうと。ただ、消しカスやあたポンには弱いです。消しカスについては一応耐えている途中で2枚目のホーリーを仕込んで2重にしておけばケア可能です。あたポンは完全に無理ですが、ジョーカーズ側としてはあたポンを採用しているのはごく少数であり、完全に切っていいだろうと判断しました。ということでジョーカーズに対してはここまでで完。
残ったわずかの枠で他の山を見ようとした訳ですが、デスザークのタイガニトロやアナカラーシャコガイルのロスト・ソウルといった大量ハンデスに対してどう立ち向かうかと考えました。ロージアって実際のところハンデスには弱いです。ドルマゲに勝てないからボンソワールを入れた型が登場したことを思い出せば納得してもらえるかなと。ミラクルスターの効果は確かに使えますけど、だとしても手札にどれだけ呪文があってもクリーチャーがいなければ全て死に札になっているようなものです。なんとかプレイでカバーできないものかと試行錯誤してみましたがボンソワールのが最も好感触だったので採用しました。この山のほとんどのクリーチャーがボンソワールに反応するところも評価◎です。
そんな感じで完成したのがサムネイルの1個手前の段階です。ドラサイ4にしていましたが、先週ぐらいにラッキーナンバー入りの墓地ソが少し話題になりました。相手にしてみると「5」って言われただけで何もできなくなってしまったのです。ルーダも出せないカーネルもドラサイもトリガーしない一応ホーリーはトリガーするけどそもそもGT着地まで持っていかれたらトリガーしないってなって、ラッキーナンバーを避けるためにドラサイ2枠を天門2枠に置き換えました。天門を経由することで本来出せないはずの生物が出せるのは結構強みかなと。
戦績はTwitter見てください。詳細は面倒なので簡単に書きますが、実際デスザークはボンソワールのおかげで勝てた試合がありました。ジョーカーズもプロテクションとホーリー、ホーリーのブレイク時に一緒にめくれたコントロのおかげで勝てた試合がありましたし、落とした試合はホーリーコントロして返し直後で消しカスキャストされた試合だけだったので割り切りました。採用したカードはどれも無駄にはなりませんでした。ただTier2とはいえアナシャコ対面についてもっとプレイングを突き詰めていればひょっとすると7-1までは持っていけたんじゃないかという反省点はありましたが、だとしてもこの山を握ったことによる後悔は1ミリもないです。我ながら良い山が組めたなと思っています。

・_____・

牛丼食うかーってタイミングでオポ落ちしたの知って、最初に口にした玉ねぎの味を感じ取ることができなかった()

コメントを残す