【2018.05.29】CS運営をやってみて

NO IMAGE

運営に携わってまだ1年経ってないぐらいですが、冬を超えたあたりから忙しくなってきた感じです。
直近の話題としては、アーキタイプ集計やマッチアップ集計を導入するためにExcel触ってそれっぽいものを作って、江坂CSのあばんごあばばばさんにも協力してもらってCSのレベルアップのために色々試してます。
正直、普通に仕事のレベルで稼働してる(なんなら本業より稼働してる日もある)から運営の仕事に面白みを感じない人はまじでやらない方がいい()バイトしてた方がマシ。

前置きはこれくらいにして、CS開こうってなった時にこうしとくといいですよってのを備忘録がてら列挙しまーーー

まずは当たり前の話から。
①年間計画
これが無いと話にならないです。決めてないところに対しては、何の為に運営してるの?君たちどうしたいの?って思います。
ロードマップの設定は必ず行いましょう。
来年の我々はどうなっていたいか。
そのためには、いつまでになにをするべきか。
こういうの就活で耳にタコができるほど聞くと思いますけど、それと一緒。

②予算編成
イベント開くんだから絶対に徹底すること。これを見てどう感じるかは分かりませんけど、運営はボランティアじゃないです。自分のお金を捨てるようなことは絶対にやめましょう。
そのためにも、ちゃんと赤字にならないように予算を決めましょう。
ただ、黒字になれば何でもいいというわけではないですよ。
ちゃんと還元率も意識しましょう。
身近にあるCSの参加人数や参加費、運営の人数や、賞品など…その辺を眺めるとなんとなく還元率が見えてきます。
一番酷いと思ったところは20%ぐらいでした。それでもちゃんと人来るんですよね…。CSサポートってすごいっすね。
個人的には50%は還元するべきだと思います。参加費1500円の64人募集なら48000円で50%になりますね。
48000円だったらパック10箱相当ですかね。
その10箱相当の賞品もメインにどれぐらい使うのかとかサブイベにどれぐらい使うのかとか…。
日当も常識的な範囲で設定しましょう。先ほども言いましたが、運営はボランティアじゃないです。仕事です。
責任をもって取り組んでもらうための日当ですから、自分達の計画を確実に達成したいなら日当は絶対に設定するべきです。
その代わり、全然仕事しないスタッフがいたら容赦なく切りましょう。仕事に感情は不要です。心を殺してください。

この記事で一番伝えたいのはここからなんですが、参加するプレイヤーの管理はできる限りスマートに実行するべきです。
そのために、、、
③告知ページの作成
告知ページとして用いられる鉄板のサイトと言えばイザジンが挙げられると思いますが、イザジンには参加者リストのCSV出力機能がありますから、ぜひ活用しましょう。
TCGマイスター用のフォーマットで出力されますが、問題ないです。

④マッチングツールの利用
マッチングツールに関しては開催されているCSによって違うと思いますが、絶対導入するべきです。
手動のマッチングだと大幅に時間がかかってしまい、大会スケジュールに影響します。
公式やGPが導入しているツールはTCGマイスターです。バトロコでも導入されています。
ただし、TCGマイスターはB2Bを前提として商品展開をしていますので、個人でライセンス契約をすることはできません
TCGマイスターを導入したい場合は、CSサポートを受けるお店に相談してみましょう。

⑤大会報告
大会報告もなるべくCSVを活用して報告しましょう。時短になります。
大会の結果報告ページに「TCGマイスターCSV取り込み」というボタンがありますので、そこからインポートすることが可能です。
TCGマイスターと書かれてますが、全然関係ないです。
インポートに必要なカラムは、
a.順位
b.DMP ID
の2種類です。
なのでTCGマイスター以外のマッチングツールを導入している方は、Excelとかで縦に1~64の数字を作って、その右隣にDMP IDを入力してCSVで保存すれば、そのまま大会結果報告に使えます。

暇さえあれば「どうやればCSをもっと楽にできるかなー」とか考えてるんで、なんかあったら気軽に聞いてください。
少しは力になれると思います。

・_____・

CS運営は物好きがやる仕事です

ツールバーへスキップ